Apple Watchの充電コード(ケーブル)が長過ぎてお困りではありませんか?

先日新しく発売されたApple Watch、品薄が続いていて予約したのにまだ届いていないという方も多いようですが、既に入手済みの方は充電用のコード(ケーブル)が、iPhoneやiPadと違い、非常に長いことでお困りではないでしょうか?

Macに繋いで充電したりもするiPhoneやiPadと違い、Apple Watchの場合はコンセント(電源差し込み口)が常に近くにあると限らないと想定されたのか、標準で付属してくるコードの長さは2メートルもあるんですね。

確かにコンセントが少し遠い場合(寝室とかそうかも?)は良いのですが、そうでなく割と近くにある場合(私の場合そうなのですが)、この長さはさすがに取り回しに苦労します。

そこでこちらの便利アイテム

少し前にもUSBケーブルをまとめるのにも重宝しますよ、とご紹介した「イヤホンコードクリップnop-nop(ノップ・ノップ)」。

このApple Watchの充電用コードでも活躍してくれます。

以前のものとは違いこれは「nop-nop 2(ノップ・ノップ・ツー)」の方ですが、こんな感じになります。
イヤホンケーブルクリップを充電ケーブルのまとめに
コード挿通穴はUSB端子部分よりも少し小さめですが、そこは革素材の融通の利くところで、少しだけ無理をしますが、グッと押し込んでやればこのように。
Apple Watchの充電ケーブルをまとめる方法
これで充電コードをまとめる必要がないときにも、nop-nop 2がコードと離れることがなく(コードロック穴も活用してくださいね、詳しくはこちらのページの中ほどに)、無くしてしまう心配もありません。

iPhoneやiPad、Apple Watchと端末が増えるごとに比例して増えるケーブル類。

まとめてお得なバリューセットもご用意していますので、充電用コード(ケーブル)の取りまとめにお困りの方は是非ご検討ください。

イヤホンコードクリップnop-nop 2(ノップ・ノップ・ツー)
イヤホンコードクリップnop-nop 2(ノップ・ノップ・ツー)パッケージ写真

One thought on “Apple Watchの充電コード(ケーブル)が長過ぎてお困りではありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *